WordPressプラグイン

Contact Form 7「問い合わせから仕事のオファーもある」カスタマイズも可能

2022-12-12

お問い合わせフォームを作成することは、アドセンス審査に合格する上で必須項目ですし、なにより自分のブログに対して読者から質問や応援メッセージを送っていただけるのは励みになります。

そこで今回は、そんな問い合わせページを作成するプラグインである「Contact Form 7」の設定方法について紹介しています。

スポンサーリンク

Contact Form 7「問い合わせから仕事のオファーもある」カスタマイズも可能

こちらが、「Contact Form 7」プラグインのデフォルトで作成した、「問い合わせ」フォームです。

個人ブログなので「問い合わせ」は必要ないのではと思いがちですが、ブログの評価が上がっていけば仕事に関するオファーが、問い合わせフォームから来る可能性もありえます(ブログ内のコメント欄は誰にでも見れる環境ですので、オファーなどはコメント欄に書かれることはまずありません)

また、上記のような味気ない問い合わせフォームではなく、もう少し手の込んだ問い合わせフォームを作成することもできますが(少し知識が必要です)、今回はシンプルですが必要最低限の項目を備えている、このフォームの作成について紹介します。

Contact Form 7のインストール方法

「Contact Form 7」プラグインのインストール方法は、ダッシュボード→プラグイン→新規追加で「プラグインの追加」画面へと変わります。

新しくプラグインをインストールする際はこのルートで画面を表示させるか、「インストール済みプラグイン」を表示させてから画面上部の「新規追加」をクリックしましょう。

赤枠内にインストールしたいプラグインの名前を入力すると、候補のプラグインが表示されます。
「Contact」と入力すると、「Contact Form 7」のプラグインが表示されます。

「今すぐインストール」をクリックすると、「Contact Form 7」のプラグインがインストールされます。

インストールが終わると、今度は「有効化」というボタンが表示されますので、クリックしましょう。

多くのプラグインは、この「有効化」のボタンをクリックするだけで機能しますが、中には自分で設定をした方がいいプラグインもあります。
この「Contact Form 7」も、いくつか設定をする箇所がありますので設定しましょう。

Contact Form 7の設定

「Contact Form 7」を有効化するとダッシュボードの一覧に、「お問い合わせ」の項目ができています。

お問い合わせ→コンタクトフォームへと進みます。

そうすると「コンタクトフォーム」の画面に変わるので、赤枠内のショートコードをコピーして下さい。

次はダッシュボードに戻って、固定ページ→新規追加へと進みます。

すると、固定ページの投稿画面が表示されますので、赤枠内には「お問い合わせはコチラから」などのテキストを記入し、緑枠内には先程コピーしたショートコードをペーストしましょう。

そうすると、画面表示が下記のようになります。

画面右上の、「プレビュー」で確認してみます。

一度各項目に実際に入力してみて、送信してみましょう。
きちんとメールが届けばちゃんと設定されていますので、プレビューの横にある「公開」をクリックして保存しましょう。

「公開」しても、ブログの内容として公開されるわけではありませんのでご安心を。

Contact Form 7で作成した問い合わせフォームを表示させる

せっかく「Contact Form 7」で問い合わせフォームも、きちんと設定しなければ表示されません。

ここでは簡単にメニューを作成して、問い合わせフォームを表示させる方法を紹介します。

ヘッダーでもフッターでもいいですが、今回はフッターメニューの作成をしていきます。
下の画像は現在のフッターメニューですが、何も項目が表示されていません。

ダッシュボード→外観→メニューへと進みます。

そうすると「メニュー構造」画面が表示されますので、「メニュー名」にはわかりやすい名前(今回はフッターメニューとしました)、「フッターメニュー」にチェックを入れて、大丈夫なら「メニューを作成」をクリックします。

そうすると画面が変わって、左側に「固定ページ」で作成した一覧が表示されています。

先程作成した「お問い合わせ」にチェックを入れて、「メニューに追加」をクリックすると、下記の画面が表示されます。

「お問い合わせ」が表示されているのを確認したら、画面右下の「メニューを保存」をクリックして保存します。
保存したら、フッターメニューを確認してみましょう。

ちゃんとフッターメニューに、「お問い合わせ」の項目が表示されています。

同じようにして「自己紹介ページ」や「プライバシーポリシー」ページも固定ページで作成して、先程のフッターメニューに追加できます。
順番を入れ替えたいときは、ドラッグしてそのまま入れ替えることができます。

以上で、「Contact Form 7」の設定が終了です。

プラグイン「Contact Form 7」まとめ

「Contact Form 7」は、問い合わせフォームを作成するプラグインです。

アドセンス審査にこれから申し込むという方は、この「問い合わせフォーム」の有無が審査の対象になりますので、必ず設置するようにしましょう。

また、ブログの評価があがっていけば、何かしらのオファー(仕事のオファーやアフィリエイトの単価アップ依頼など)が来るかも知れません。

また、この問い合わせフォームを作成することによって、ブログに対する質問や共感のメッセージが送られてくると、モチベーションアップにもつながります。

問い合わせフォームもデフォルトのような味気ない定型文ではなく、メッセージも変えることができますので、オリジナルの問い合わせフォームの作成も可能ですので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか(その際は、少しの知識が必要となってきます)

〖追記〗プラグインなしで問い合わせフォーム作成する方法

「Contact Form 7」のプラグインをインストールして問い合わせフォームを作成する方法を紹介しましたが、プラグインをインストールするのに抵抗がある人は、プラグインをインストールしないで問い合わせフォームを作成する方法もあります。

無料で使える「Googleフォーム」を使用して問い合わせフォームを作成することも出来ますので、自分の好みで作成するといいでしょう。

プラグインなしで問い合わせフォームを作成する方法は、下記のリンクから詳細を見ることが出来ます。

問い合わせフォーム作成
noplugintoiawaseform26
「Googleフォームで簡単作成」プラグイン必要なし

続きを見る

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-WordPressプラグイン