迷惑メール

Amazonアカウントの緊急確認は詐欺メール「送信アドレスが毎回違う」

2022-12-23

Amazonから「重要なお知らせ」とメールが来たので確認してみましたが、会員なのにメール冒頭に宛て名がありません。

調べてみるとこのメールは、Amazonプライムからのメールではないことがわかりました。

スポンサーリンク

Amazonアカウントの緊急確認は詐欺メール「送信アドレスが毎回違う」

こちらが、メールボックスに届いた「Amazonアカウントの緊急確認」のメール原本です。

この「アマゾンアカウントの緊急確認」は詐欺メールですので、このメールを見てすぐに「会員特典とお支払方法の確認」のリンクをクリックしないで下さい。

この「Amazonアカウントの緊急確認」は、管理人のところに立て続けに3回送信されてきました。

奇妙なことに、アマゾン(詐欺)サポートから送られてきたアドレス(赤枠部分)は、送信アドレスの後半部分が毎回違います。
本来なら、サポートセンターのアドレスは同じであるはずです。

「Amazonアカウントの緊急確認」のメール原本にある黄枠部分の、「会員特典とお支払方法の確認」にマウスポインタ―を合わせるとログインアドレスが表示されるのですが、これも毎回違うアドレスになっていました。

赤枠部分のログインアドレスを見ていただくと分かる通り、毎回ログインアドレスが変わっています。

繰り返しますが、この「会員特典とお支払方法の確認」を絶対にクリックしないで下さい。

この、「Amazonアカウントの緊急確認」のメールは詐欺メールです。

本来正規の会員ならメール本文の冒頭に、「お客様の氏名」や「会員ID」が記載されていますので、この記載がない時点で「詐欺メール」と疑ってかかりましょう。

管理人が自信をもって、この「Amazonアカウントの緊急確認」が詐欺メールと断定できる理由がもう一つあります。

管理人は、「アマゾンプライム」に未加入なので、この「Amazonアカウントの緊急確認」メールが来ること自体、ありえないからです。

〖追記〗Amazonアカウントの詐欺メールが別アドレスで再び送信されてきた

「【重要なお知らせ】Amazonアカウントのロックを解除、情報を更新してください。」という名目で、再びニセのAmazonアカウントから詐欺メールが送られてきました。

上記に掲載した画像のアカウントとは、また別のメールアカウントから送信されています。

ログインアドレスも、また別のログインアドレスとなっています。

繰り返しますが、このブログで紹介しているAmazonからのメールは「詐欺メール」ですので、絶対にクリックしないで下さい!

もしクリックしてしまっても、何も入力しないでそのまま画面を終了させて下さい。
クリックしてしまったら、コチラを参考にして下さい。

Amazonのホームページでも詐欺メールの見分け方を表記をしています

AmazonのHP(ホームページ)でも、アマゾンからのメールかどうかの見分け方として、カスタマーサービスのページに表記されています。

アマゾンからは直接、個人情報などをメールで送信してもらう事はないそうですので、このことを覚えておくだけでも被害に遭う確率はぐっと下がります。

詳しいAmazon(アマゾン)の迷惑メールに関する情報は、下記の「アマゾンヘルプ&カスタマーサービス」リンクより詳細を御覧になる事が出来ます。

詐欺のAmazonアカウントに登録してしまったら

もし万が一、「Amazonアカウントの緊急確認」の詐欺メールのリンクをクリックしてしまったら、何も登録しないで、そのまま画面を閉じましょう。

個人情報及び、カード情報まで登録してしまったのなら、速やかにカード会社に連絡を入れて事情を話して、カードの停止をしてもらいましょう。
その際、登録したカード情報を入力したサイトにも同じように連絡を入れて事情を話し、カード情報の削除やカード変更の手続きをした方が安全です。

当然、Amazon(アマゾン)にも連絡を入れて事情を話して、カード情報の削除をしてもらいましょう。

個人情報を入力しているので、アカウントそのものを削除してもらった方が安全面を考えると安心です。
(再度利用するなら、もう一度アカウントの作り直しとなりますが)

詳しいアカウントに関するお問い合わせは、下記の「アマゾンヘルプ&カスタマーサービス」リンクよりご覧になれます。

迷惑メールを防ぐには

迷惑メールを防ぐにはどうすればいいのでしょうか?
その答えは、「セキュリティソフト」をインストールするのが手っ取り早いです。

そこでおススメのセキュリティソフトをご紹介します。

インターネットをよく利用される方で、口コミ評価の高いセキュリティソフトはこの「ウイルスバスター」です。

怪しいサイトなどは事前にブロックしてくれますので、安心してネットサーフィンをすることができます。

パソコンの動作の邪魔をしないで値段が安いセキュリティソフトをお望みでしたら、「ESET インターネット セキュリティ」がおススメです。
この「ESET 」は、少し古いパソコンやスペックの低いパソコンでも動作の邪魔にはなりません。

Windows10やWindows11のOSをお使いの方は、「Windows Defender」が標準装備されているからセキュリティソフトは必要ない、という意見も一部ではあります。

ではセキュリティソフトを入れていればウィルス対策は完全か、と言われればその答えは「No」と言わざるを得ません。

仮に自分のパソコンがウィルスに感染していて誰かにメールを送信した場合、相手のパソコンもウィルスに感染する可能性はゼロではありませんし、相手から感染メールを送信される可能性もありえます。

セキュリティソフトの中には「無料体験」できるソフトもありますので、一度体験してみてから購入、もしくは見送りを決められるのがいいでしょう。

今のご時世、インフルエンザなどもそうですが何よりも、「自己防衛」が大事な世の中ですね。

誰かがあなたのAmazonアカウントを使用
fakeamazonmail8.jpeg
誰かがあなたのAmazonアカウントを使用「アマゾン詐欺メール」

続きを見る

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-迷惑メール