スポーツ

村田兆治マサカリ投法動画「村田兆治のマサカリ投法と暴投は日本一」羽田空港女性検査官暴行事件

muratacyoujimasakaritouhougazou1スポーツ

元プロ野球選手の村田兆治(むらたちょうじ)容疑者(72)が、羽田空港の保安検査場で検査官に暴行したとして、現行犯逮捕されました。

村田兆治容疑者といえば「マサカリ投法」で有名ですが、その投げ方はいったいどんな投げ方なのか、調べてみました。

村田兆治マサカリ投法動画「村田兆治のマサカリ投法と暴投は日本一」

村田兆治(ちょうじ)容疑者の「マサカリ投法」とは一体どんな投げ方なのか、動画で見てみることにします。

今日は村田兆治さん72歳の誕生日。
これは圧巻です。

70歳のフォークボール!!
【始球式】村田兆治さん(70)『外角低めの直球』にバットが出ない

【マサカリ投法】バグってるフォークを操る男 
村田兆治の物語をご覧ください【プロ野球】

【マサカリ投法!】村田兆治(元ロッテオリオンズ)の投球!
【今治ドリームベースボール】

女優の石原さとみさんも、村田兆治容疑者に直接教わって、村田兆治(ちょうじ)容疑者の「マサカリ投法」で始球式を投げています。

【動画】石原さとみ、始球式で“マサカリ投法” 
本家・村田兆治が伝授 『サントリー ドリームマッチ 2015』

ちなみに「野球ゲーム」でも、村田兆治(むらたちょうじ)容疑者の「マサカリ投法」は再現されています。

村田兆治氏がマリンで始球式だったので、1989年 ジャレコ『実力!!プロ野球』※燃えろ!!プロ野球シリーズのアーケード版
Gチーム対Oチーム(ジャイアンツ対ロッテオリオンズ)
こめだVSむらて(駒田VS村田)

現在のプロ野球で、村田兆治容疑者の「マサカリ投法」で投げている投手は、1人もいません。
村田ちょうじ容疑者の「マサカリ投法」の、メリット・デメリットについて調べてみました。

マサカリ投法メリット
  • 球速と球威が増す
  • タイミングが取り辛い

    体をダイナミックに使い、バックスイング時に打者に向けて尻を突き出し大きなタメを作った上で思い切り腕を振り切る投げ方であるため、球速と球威が増します。また、その投げ方がどの投手も真似をすることが出来ない独特なフォームであるため、打者にとっては非常にタイミングの取りにくい投球フォームなのです。

    (野球用語.netより抜粋)
マサカリ投法デメリット
  • 球の握りが打者に見え球種が分かってしまう
  • 習得が困難

村田投手のマサカリ投法の動画をご覧になって分かった方もいらっしゃると思いますが、尻を打者に向けて突き出した際に、大きなタメを作る段階でモーションが一時的に止まってしまいます。
その時に下ろしていた右手が打者から丸見えになることにより球種が分かってしまうという欠点があります。

(野球用語.netより抜粋)

村田投手自身もこの欠点には気付いており、その対策として、モーションの途中にフォークの握りからストレート、ストレートの握りからフォークへと球の握りを変えながら投げるという技術をマスターしました。

一般の投手では不可能に近い技術であり、型だけは真似をすることが出来ても、デメリットである球種が分かってしまうという点だけは残ってしまうため、習得が困難な投球フォームと言われています。

(野球用語.netより抜粋)

投球モーションの途中でボールの「握り」を変えて投げる、という芸当はそうたやすくできることではありません。

村田兆治(むらたちょうじ)容疑者の「マサカリ投法」をマネをしたくても、できないといった方がいいのかもしれません。

村田ちょうじ容疑者の「もうひとつの日本一」といえば、それは「暴投」の多さです。

暴投数TOP10

第1位 村田兆治 148回(通算3331.1イニング)
第2位 石井一久 115回(通算2153.1イニング)
第3位 新垣渚  101回(通算1077.1イニング)
第4位 前田幸長 84回(通算1577イニング)
同4位 涌井秀章 84回(通算2541イニング)
第6位 工藤公康 81回(通算3336.2イニング)
第7位 川口和久 79回(通算2410イニング)
第8位 槇原寛己 75回(通算2485イニング)
第9位 星野伸之 74回(通算2669.1イニング)
同9位 伊良部秀輝74回(通算1286.1イニング)

(週刊ベースボールONLINEより抜粋)

村田兆治容疑者の「マサカリ投法」の動画を見ていると、コントロールが難しそうな感じがしました。
その結果、ボールやひどければ暴投という結果になったのでしょう。

暴投数ランキングでは、「マサカリ投法」の村田兆治(ちょうじ)容疑者がダントツのぶっちぎりで1位という結果になっています。

村田兆治容疑者の投げる「マサカリ投法」は、それだけ難しい投球方法だとわかりますし、村田ちょうじ容疑者の「マサカリ投法」は、唯一無二の投球方法だということです。

「マサカリ投法」の村田兆治容疑者は「いじられキャラ」?

「マサカリ投法」の村田兆治容疑者には、Wikipediaがあります。
そのむらたちょうじ容疑者のWikipediaが事件発覚後、このように書き換えられました。

経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
・福山電波工業高等学校
・東京オリオンズ
 ロッテオリオンズ(1968-1990)
コーチ歴
・ロッテオリオンズ(1990)
・福岡ダイエーホークス(1995-1997)
留置場(2022-)

経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
・福山電波工業高等学校
・東京オリオンズ
 ロッテオリオンズ(1968-1990)
警視庁(2022-)

現在は削除されており、まともな表記がされていますが、ほかにもいろいろ荒らされていました。
やっていることは悪質ですが、これも「マサカリ投法」の村田兆治(むらたちょうじ)容疑者だからこその、イジリなのかもしれません。

「マサカリ投法」村田兆治容疑者プロフィール

村田兆治容疑者プロフィール

氏名:村田兆治(むらたちょうじ)

生年月日:1949年11月27日(72歳)
出身地:広島県豊田郡本郷町(現:三原市)
出身校:福山電波工業高校(現:近畿大学附属広島高等学校福山校)
身長/体重:181cm/78kg
投球・打席:右投げ(マサカリ投法)・右打ち
2005年に「野球殿堂」入りを果たしている

現在は、NHK解説者・日刊スポーツ評論家として活躍されています。

「マサカリ投法」村田兆治(むらたちょうじ)容疑者の事件概要

元プロ野球選手の村田兆治容疑者(72)が、羽田空港の保安検査場で検査員に暴行したとして、現行犯逮捕された。
23日午後2時前ごろ、羽田空港内を警戒していた警察官に、空港職員から「男性が暴れている」と相談があったという。
警察官がかけつけたところ、元プロ野球選手の村田兆治容疑者が、空港の保安検査場の30代の女性に肩を押すなどの暴行を加えていたということで、警視庁に現行犯逮捕された。
村田容疑者は、独特な投球フォームの「マサカリ投法」で知られていて、215勝を挙げ、名球会入りしている。

(Yahoo!JAPANニュースより抜粋)

「マサカリ投法」村田長治容疑者は、9月25日に開催予定だった北海道芦別市のイベントに参加するために、飛行機に搭乗するところでした。

村田ちょうじ容疑者は、携帯電話を手に持っていたため金属探知機に何度も引っ掛かり、検査場のゲートを通過できなかったため、検査官の女性に腹を立て女性に手を挙げたとみられています。

そのため、別の女性検査官が「男性が暴れている」といって警察官に連絡し、村田兆治(むらたちょうじ)容疑者は確保されました。

村田ちょうじ容疑者は「左肩を押してない」「前に立ちはだかられたので、どかしただけ」「殴ったり蹴ったりはしていない」と容疑を否認しています。

唯一無二の「マサカリ投法」を、女性に対して使ってしまった村田兆治(むらたちょうじ)容疑者。

せっかくの経歴にも、キズがついてしまって残念です。

〖追記〗村田兆治(むらたちょうじ)逮捕の瞬間

村田兆治容疑者が、逮捕される瞬間の様子が報道されました。

「村田さんが揉めていたのは、JALのファーストクラス乗客やプレミアム会員だけが使える専用保安検査場でした」
「薄いグレーのジャケットに濃紺のパンツ姿の村田さんは、キャリーバックのほかに、手にA4サイズくらいの茶色い紙封筒を手にしていました。僕らも初めは村田さんとは気づきませんでしたが、立派な体格なのでスポーツ選手か格闘家じゃないかなと話していました。
そうしたら夕方になって村田さんが逮捕されたというニュースを聞いて、“あの揉めてた人がそうだったんだ”って驚きましたね」(同・男性客)

livedoorNEWSより抜粋

偶然その場にいた男性客が村田容疑者を見たときには、すでに10人近い制服警察官に取り囲まれていました。

「まだダメなのか!」
「持ってない! 持ってない!」
「いつも持って入っとる!」

「とにかく、村田さんはすごく激高してしていて、警察官は一生懸命になだめながら、何か彼が持っているモノをしきりに提出するように求めていました。しかし、村田さんは一向に耳を傾けない感じでしたね」(前出・男性客)

livedoorNEWSより抜粋

保安検査場でのやりとりは30分以上続き、その様子を遠巻きで見ていたJAL女性地上職員の困惑した表情が印象に残っているといいます。

また、別の女性客も恐怖の現場をこう振り返ります。

「村田さんは警察の制止を振り切って、何度か強引に空港の中に入ろうと試みていました。ですが、そのたびに警察官2、3人が前に立ちはだかり、“ダメダメダメ”と押しとどめられていました。
村田さんは大声で怒鳴っていましたし、警察官も言葉は冷静でしたが、どこか殺気立っている感じ。とても怖かったですよ」

livedoorNEWSより抜粋

村田兆治(むらたちょうじ)容疑者は何か、「見せられないやましいモノ」でも持っていたのかどうかが気になります。

情報貴族

コメント

タイトルとURLをコピーしました