南朝芽ちゃん行方不明

南朝芽多動症「予測不能で突っ走る!」松戸市行方不明7歳女児

minamisayakaogazou3南朝芽ちゃん行方不明

南朝芽(みなみさや)ちゃんの捜索が、警察のダイバーの水中捜索や、ドローンを使っての上空からの捜索と広範囲にわたって続けられています。

そんな中、捜索の協力になればと南朝芽(さや)ちゃんの詳しい情報が公開され、朝芽ちゃんは「多動症」であることがわかりました。

「多動症」とはどういう症状なのか、日常で気をつける点なども併せて調べてみました。

南朝芽Twitter情報「こぶし公園はヤバい!」

南朝芽ちゃん霊視タロットの結果は「事故の可能性」

南朝芽多動症「大人では思いつかない行動をする猪突猛進タイプの子」

こちらが、南朝芽(みなみさや)ちゃんに関する情報ツイートです。
捜査協力の参考になるならと、さやちゃんの詳しい性格や行動なども記載されています。

多動症を知ることでみなみ朝芽(さや)ちゃんの行動パターンを理解し、操作の役に立つことを目的にと、さやちゃんの詳細を公開して下さいました。

南さやちゃんの多動症に関して、わかったこと

  • 発達がゆっくりな子で、会話はゆっくりとしかできない。
  • こちらからの問いかけに対して、「オーム返し」か「一言」でしか返せない。
  • 公園遊びが大好きでボール遊びで走り回る、とても活発な子ども。
  • 多動がかなりある。
  • 興味があるものには進んで近寄る、疲れ知らずの猪突猛進タイプの子である。

南朝芽(みなみさや)ちゃんの人となりの中で、「多動症」とはいったいどういう症状なのでしょうか?

多動症とは

注意欠陥・多動性障害(ADHD)とは発達障害の一種の病気です。
特徴的な症状として、年齢に見合わない「不注意さ」、好きなこと以外に対する集中力がなくほとんど関心や興味を示さない「多動性」、思いついたことをよく考えずに即座に行動に移してしまう「衝動性」が見られます。
場に応じてコントロールすることが苦手な状態のため、様々な症状やミスや不注意などの症状が他の人と比べて目立ちやすくなります。
そのため、職場や家庭での日常生活に支障をきたすおそれがあります。

(たわらクリニックより抜粋)

自分の興味のあることには前のめりで行動し、自分の興味のないことには全くというほど、感心がないのが多動症です。

管理人の小学生時代、体育館での終業式や始業式でやたら動き回ったり、隣の生徒(管理人です)に大声で話しかけてくる子がいました。

その当時はそんな知識もあるはずがないので、「うるさいな~」くらいにしか思っていませんでしたが、今考えるとその子は多動症だったのでしょう。

多動症に関して、身内の2歳の息子さんのことかは分かりかねますが、このようなツイートを見つけることができました。

少し多動症…と記事を見ました。
大人では思いつかない行動をしてしまいますよね、我が家も2年生の息子がいますが…
えみりさんもどうぞ無理をせずに☆私も車でブラブラ見てますが…
本当に無事でいて欲しいです。

大人では思いつかない行動をしてしまう、みなみさやちゃんがお母さんを待てずに先に公園へ行ったのは、多動症に見られる「我慢ができない」のが原因だったのでしょう。

南朝芽ちゃんは「療育へ通う公園大好き女の子」

南朝芽多動症に関連する事象

南朝芽(みなみさや)ちゃんも持っている多動症には、年齢に相応しくない以下のような事象が少なくとも半年以上にわたって続き、日常生活に悪影響を及ぼすことがあります。

  • 手足をそわそわ動かしている
  • 授業中に席を離れてしまう
  • じっとしていられない
  • 静かにできない
  • 急に走り出す
  • おしゃべりが過ぎる
  • 質問が終わる前に答えてしまう
  • 順番を抜かしてしまう
  • 友だちのしていることをさえぎる  など

    知って向き合うADHDより

多動症になる要因ははっきりと解明されてはいません。
多動症は生まれついてのものであり、親のしつけによるもの(厳し過ぎたり、逆に何も干渉しない)などの環境によってなるものではありません。

知って向き合うADHDより

よく、「親のしつけがなってない」「親が子どもに対して甘やかしすぎる」といった心無い言葉をあびせる人たちがいますが、それは多動には全く影響はありません。

生まれついてのものですので、多動症というものを理解することによって、多動症の子どもとの接し方を大人も学んでいく必要があります。

南朝芽多動症の子どもの行動を理解する

南さやちゃんも持っている多動症の子どもにありがちな行動として、以下の行動が挙げられています。

約束や物を借りたことをうっかり忘れてしまう
→わざとやっている、

誠意がないなどと思われがちどうしても体が動いてしまう
→落ち着きがない、やる気がないなどと思われがち

感情のコントロールが難しいため、カッとなったら抑えられない
→乱暴、怒りっぽいと思われがち

知って向き合うADHDより

貸したものが返ってこないので、それ以来無視をする。
落ち着きがないから、近づかないようにする。
怒りっぽいから、話しかけもしない。

多動症の子どもによくありがちなことですが、自分の周りに友達が誰もいない、困ったことがあっても誰も聞く友達もいない、そうなった場合に二次的被害が起こる可能性があります。

  • 「何をやってもダメ」、「どうせ認めてもらえない」と自信を失い、自尊心が低くなったり、意欲がなくなり、時には部屋に閉じこもったり、学校に行かなくなったり、気分が落ちこみ自分を責めてしまう
  • 日常生活や学校生活で叱られてばかりいると疎外感やいきどおりがつのり、時には周囲に対して反発したり、物にあたってしまう

    知って向き合うADHDより

早いうちからから適切にサポートすることで、自信や自尊心を失わずに社会へうまく適応できるようになる場合があります。

あの子は落ち着きがないから遊んじゃダメ、あの子はすぐ怒るから話しかけないでおこう、というのではなく普段通りに接して、ダメな時には注意をするなど、多動症への理解・周りのサポートが必要だということを忘れてはいけません。

南朝芽多動症で療育へ通学中

南朝芽(みなみさや)ちゃんは、多動で「療育」へ通っている、と情報公開されています。

その「療育」とはいったいどういったものなのでしょうか?

療育(発達支援)とは、障害のあるお子さまやその可能性のあるお子さまに対し、個々の発達の状態や障害特性に応じて、今の困りごとの解決と、将来の自立と社会参加を目指し支援をすることです。

「療育」という言葉はもともと身体障害のある子どもへの治療と教育を合わせたアプローチを表す用語として使われていましたが、今は障害のある子どもの発達を支援する働きかけの総称として使われることが多いです。なお、「発達支援」という言葉もほぼ同義語として使われています。

お子さまは、一人ひとり発達のスピードが異なります。特に障害のあるお子さまの場合、その子の発達の状況や障害特性に合わせた関わりをすることにより、できることを増やしたり、隠れている力を引き出すことができるといわれています。
そのため、療育(発達支援)ではお子さまの現在の困りごとや発達の状況、障害特性に応じて、個別の支援計画を作成し、支援を進めていきます。例えば言葉をつかったコミュニケーションが難しいお子さまについては、発音の仕方を教えたり、コミュニケーションの取り方を教えたりします。また、お子さまのご家族への支援もあわせて実施されています。

最近は、自閉症の傾向があるお子さまへの早期療育をおこなう例が増えてきています。早期から介入し療育をおこなうことで、特性自体を治療することは難しいものの、いじめ、不登校、抑うつなど二次的な問題を予防することができると言われています。

LITALICOジュニアより

ADHDのあるお子さまの中には、自分の好きなことに関しては集中力を発揮する方もたくさんいます。お子さまの強みを発見し、サポートすることが、強みを伸ばしたり、自信を育んだりすることにつながっていきます。

LITALICOジュニアより

みなみさやちゃんも、「興味があるものには猪突猛進タイプなので活発に動く」と情報公開されていますので、「療育」とは、ダメなところを直すというより、得意なところを伸ばすためのところです。

南朝芽(みなみさや)ちゃんは発達がゆっくりなため、会話や受け答えが難しいので、療育へ通って必死に努力をしている最中です。

多動症(ADHD)の子どもはその特性から、「聞こえているかどうかわからない」「こっちの言ったことを無視している」「落ち着きがなくふざけている」など誤解され、その結果として注意されたり怒られたりすることが多くなります。

そういったことを理解し、いいところを伸ばしていくのが教師であったり、大人のするべきことでしょう。

南朝芽情報提供先

南朝芽(みなみさや)ちゃんの捜索用情報共有オープンチャットです。

松戸警察署

電話番号: 047-369-0110

南朝芽多動症「目撃証言は多数あるけど手掛かりなし」

南朝芽(みなみさや)ちゃんの目撃情報が、多数報告されるようになってきました。

さやちゃんが行方不明になった9月23日に、江戸川の河川敷で野球をしていたチームの関係者が、野球の様子を動画で撮影しており、その様子が公開されています。

Q.小さな女の子が1人で歩いている姿は
見ていない(いたら)気付くとは思う

野球をしていた人たちはファールボールにとても気を使っており、ボールの行方を必ず目で追っていたそうです。

みなみさやちゃんは当日、ピンクのTシャツ・青のジーンズにピンクのスニーカーを履いていましたので、もし河川敷を一人で歩いていれば目に入ると関係者は証言します。

もし野球場に朝芽ちゃんが歩いてくれば、きっと「あぶないよ~」くらいの声掛けは必ずしたでしょう。

そして同じく河川敷で「釣り」をしていた人の証言も、同じように返答しています。

Q.もし女の子が1人でいたら
気付きますよね
気付かないわけがないと思う

いくら釣りに夢中になっているとはいえ、視界にピンクの服を着た女の子が江戸川の岸付近を歩いていれば、間違いなく気が付くことでしょう。

南朝芽(みなみさや)ちゃんは多動症で、「自分の興味がある」ことには夢中になる性格ですので、あちこち移動した形跡はあるものの、これから先の行動がまったくつかめていません。

科学が発達した今のご時世、「人一人の痕跡」を全く消すことなど不可能に近いといってもいいですので、必ずどこかに痕跡はあるはずです。

今後、さらなる目撃証言に期待したいところです。

南朝芽Twitter情報「こぶし公園はヤバい!」

南朝芽ちゃんは「療育へ通う公園大好き女の子」

南朝芽ちゃん霊視タロットの結果は「事故の可能性」

〖追記〗南朝芽ちゃんが一人で土手をのぼる映像が見つかる

新しい情報が入ってきました。
車のドライブレコーダーから、朝芽ちゃんが旧江戸川の土手を「一人で」上っていく姿が見つかりました。

NNNストレイトニュースより

近くの河川敷の土手を1人でのぼる姿
車のドライブレコーダーに写る

これまで、「木2号公園」からのさやちゃんの足取りは分かっていませんでしたが、これで南朝芽ちゃんが土手まであがっていたことがわかりました。

NNNストレイトニュースより

土手をのぼった後の足取りは
現時点では判明せず

ただし、現時点では土手へのぼってからの足取りはつかめておらず、警察は引き続き捜査を続けています。

情報貴族

コメント

タイトルとURLをコピーしました