北海道女子大生遺体遺棄事件

小野勇Twitter「絵文字は天使」札幌市女子遺体遺棄事件

onoisamufacebookgazou9北海道女子大生遺体遺棄事件

札幌市の自宅アパートに、瀬川結菜さんの遺体を遺棄した疑いで小野勇(おのいさむ)容疑者が逮捕されました。

小野勇容疑者は警察の事情聴取で、瀬川結菜さんの殺害を供述しています。

この記事では、特定された小野勇容疑者のTwitterについて調べています。

瀬川結菜小野勇の関係「希死念慮の同志」

Twitterアカウントの自己紹介は「自己陶酔」

特定された小野勇(容疑者の)Twitterアカウントはこちらです。

重度のうつ病と診断 トラウマ PTSD 精神手帳2級 バツイチ 天涯孤独 自殺未遂3回 元二等陸曹 元傭兵 人殺し 心優しき死神でありたい 送り人 少数派 刃物 札幌 演劇鑑賞

もう一文、「Слава Україні!」と綴られていますが、これはロシア語で意味は時世柄詳しくは書けませんが、ある国を支持する意味でした。

自己紹介の欄に、いろいろアカウントBANしそうな単語が並んでいますが、よく今までTwitterアカウントが残されていたのかが不思議に思えます。

「心優しき死神でありたい」という表記に至っては、完全に自己陶酔に浸っている感じがします。

小野勇Twitter「絵文字は天使」

また死について悩んでる人の役に立ちたいな

僕なんかを信じてくれて手伝わせてくれた人たちには感謝してる
ひとり増えて3人になった

一人増えて「3人」になったと発言しており、3人目は「瀬川結菜」さんと思われます。

3人目かぁ・・・・

この発言は「達成感」から来るものでしょうか?
笑顔の絵文字がついていますが、頭頂部の「水色の輪」が「天使の輪」に見えてきます。
小野勇(おのいさむ)容疑者も、それを意識してこの絵文字を付けているかもしれません。

前回の犯行から「3年半が経過」

3年半ぶりかー
作業開始が少し遅れたから若干の不都合が

普段通りに生活してる
やっぱ壊れてるなぁ

ちゃんと供養する

この投稿を見ると、「2人目」をおくってから3年半が経過して、若干の不都合が出たとあります。

その不都合の為に、今回の事件が発覚した可能性は十分にありえます。
現に、「2人目」までは公にはなっていません。
ただの「行方不明者」扱いになっているのかもしれません。

「おくりびと」の真似事をしておいて、普段通りの生活を送る自分が「壊れてる」と自覚している点については、小野勇(おのいさむ)容疑者はかろうじて自我を保っているのかもしれません。

お見送り前の最後の晩餐は「自ら振る舞う」

来客中につき、振る舞い肉

瀬川結菜(せがわゆいな)さん亡くなられたのは、10月4日ごろと報道されています。
小野勇容疑者がステーキを焼いている動画は、10月3日の午後7:56となっていますので、おそらくこれが瀬川ゆいなさんの「最後の晩餐」だと思われます。

自分で#(ハッシュタグ)に「至れり尽くせり」と書いているあたり、恩着せがましい感じがします。

そしてその後のツイートでは

役に立てたのかなぁ??
でも僕なんかを信用してくださったわけだから最後まで頑張ります。

最後まで頑張りますと意気込んでいますが、瀬川結菜さんは小野勇容疑者の自宅で見つかりました。

瀬川結菜さんは「絞殺」で亡くなっていますが、そのまま首を絞められると苦しいはずです。
小野勇容疑者は、うつ病で多くの「抗うつ剤」を服用しており、これらの薬の多くは「眠気」が副作用であります。

もし、薬の多用接種で寝ているうちに首を絞めたのなら、これが小野勇(おのいさむ)容疑者が言うところの「心優しき死神」の正体なのかもしれません。

瀬川結菜小野勇の関係「希死念慮の同志」

〖追記〗過去のおくりびとは「山に捨てた」

小野勇(おのいさむ)容疑者の知人から、新しい証言が報道されました。

報道ステーションより

「むかし人を殺して山に埋めた」
みたいな話をしていて

小野いさむ容疑者の知人は本気にはしなかったようですが、小野勇容疑者のTwitterでの投稿を見る限り、「1人目」「2人目」の存在があるような発言がありました。

やはり小野勇容疑者は、「〇殺請負人」のようなことをしていた可能性は、より一層高くなった気配が感じられます。

〖追記〗小野勇容疑者が瀬川結菜殺害を自供

小野勇(おのいさむ)容疑者が、瀬川結菜(せがわゆいな)さんの殺害を自供しました。

スッキリより

小野容疑者の自供
「室内で首を絞めて殺した」

スッキリより

(9月19日)
「今週中に道具用意しとかなきゃな」
「3年以上ぶりだから上手くできるやろか??」

(9月24日)
「ぼちぼち用意しとかなきゃなぁ 来週かぁ」

(9月28日)
「やはり小柄な人だと助かる」
「作業量も処理量も薬品量も少なくて済むから」

スッキリより

(7月17日)
「ボクが役に立てるのは命を奪う事くらいしかない」

(7月23日)
「処理費用は5万用意していただけたら大丈夫ですん」

(9月15日)
「ひとりの方の日程が決まった」

(9月28日)
「このタグで「助けて」とか書いたりタグ付けしてる人いるけど、どーゆー助けを希望しているんだろ #死にたい人と繋がりたい」」

「5万円」の内訳は、薬品代(遺体の処理に使う薬品)で、本人の手数料はなかったようです。

海外のドラマでは、よく薬品を使って遺体の処理をするシーンがよく見られますが、小野勇容疑者はどこでそのような知識を覚えたのでしょうか?

瀬川結菜小野勇の関係「希死念慮の同志」

情報貴族

コメント

タイトルとURLをコピーしました