ca-pub-1534717760030913 アーケード版は激ムズでしたがファミコン版なら十分クリア可能ですのでチャレンジしてみませんか? Image Fight(irem株式会社) | 四季の私記
シューティングゲーム

アーケード版は激ムズでしたがファミコン版なら十分クリア可能ですのでチャレンジしてみませんか? Image Fight(irem株式会社)

シューティングゲーム

(注)このブログは、ネタバレ全開でレトロゲームを紹介しています。
「それでもいい!!」という方のみ、先へと進んで下さい。

今回のレトロゲーは、Image Fight(イメージファイト)です。

アーケードゲームから、ファミコンへの移植です。

アーケード版は、屈指の激ムズシューティングと言われ、全2周設定でしたが、2周目の難易度がハンパでは無く、「クリアできんの?」と言われていました。
(ペナルティエリアというステージもあるのですが、ここもウルトラ級の難易度です)

肝心の、ファミコン版イメージファイトですが、ファミコンの容量的にかなり無理があったようで、敵の数も少なく、1周目クリアだけなら十分可能なレベルです。

ただし、これも「体で覚えるゲー」ですので、何十回とやり直す根気が必要かも(ボクはシューティングが、あまり得意ではないのでコンティニューしまくりました)

「イメージファイト」のそれぞれ画面写真の著作権は、irem株式会社に不随するものです。

ゲーム紹介

1990年にファミコンその他、多くの機種に移植されました。

十字スティック(もしくはジョイスティック)で8方向移動し、2ボタン(Bボタンでショット、Aボタンでスピードチェンジ)

このゲーム、自機のスピードを自分で変えられるのがポイントで、スピードを変えると自機のデザインも変わります(強さ等は一切変わりナシ)
1速→2速→3速→4速→3速→2速→1速と変化し、スピードチェンジの際の「バックファイヤ」にも攻撃力があるのが、攻略のポイントとなっています。

ステージ構成は、プラクティス(練習ステージ5面)と、実戦ステージ(3面)の計8ステージ。
(そして、難易度の上がる2周目を入れると全16ステージ)

ただし、プラクティスでアベレージ90%以上でクリアしないと、ペナルティエリアへと行くハメとなり、ここがクリアできないと実戦には行けません。
(ペナルティエリアをクリアできる腕前なら、他のエリアは余裕でクリアできます)

タイトル画面

アーケード版は、背景がスクロールしていますが、やっぱり容量の関係ですね、単色です。

しばらく放置していると、デモが始まります。
下に並んでいる数字が、現在のスピード。

Let’S Play!!

さぁ、プラクティスステージへ出発!

スタート直後、スピードはお好みで。

しばらく空中戦を繰り広げていると・・・

アイテムキャリアが流れてきました。
ショットで打つと、中からアイテムが出ます。

中からポッドが(赤い色の丸い砲台)
アイテムキャリアの中身は、固定です。

このポッド、色は2色あり、水色は固定で前方にのみショットを発射し、赤色はレバーを入れた反対にショットを発射する(←ここがポイント)

つまり、レバーを下に入れてショットボタンを押すと「前方」にショットを、レバーを左に入れてショットボタンを押すと、「右」にショットを発射します。
これも重要なテクニックですので、覚えておきましょう(プレイしてたら勝手に手が動きますよ)

ポッドは自機の、「左」「右」「後ろ」の3か所に固定され、3個目以降にポッドを取ると「その時に取ったポッドの色に全部変わる」というルールがあります(←重要)

つまり、「赤が必要なステージ」なのに、間違って水色のポッド取ってしまったら、「全部水色」のポッドになるので、気を付けましょう。
基本、赤色のポッドで大丈夫(3つとも赤を取ったら、それ以降は取らないってのも手です)

あと、アイテムキャリアにも当たり判定があるので、当然当たると自機はやられます。
このゲーム、自機の「当たり判定」は大きいのでご注意を!

アイテムキャリアから、パーツが出ました。

「Vバルカン」です。

パーツの種類は全部で「9種類」。
・バリア
・反射ボール
・サーチレーザー
・バルカン7
・ドリルレーザー
・リングレーザー
・Vバルカン
・サーチミサイル
・サイド

ちなみにパーツを装着した状態で、正面から敵の弾を喰らっても「パーツ」が壊れるだけで、自機は無事です(バリアの代わりですね)
間違えたパーツを取ってしまったら、アイテムキャリアに下から突っ込んでパーツチェンジ、なんて事もできますが、それにはどのアイテムキャリアに、どのパーツが入っているかを把握してないとできない芸当ですね。(上手い人は、流れるようにやっているからスゴイ)

次は「リングレーザー」ですが、お好みで。

1面ボス

1面ボスは、画像の位置くらいで「斜めに発射するパーツ」を取っていれば楽勝です。
(Vバルカンか、リングレーザーをボスに当てるようにして)
右上まで行ってしまうと、ボスが「突っ込んできて」やられてしまうので注意!

無事クリア

2面スタート。大型艦が左下からくるので注意!

2面は、この「超大型艦」との一戦です。

ポッドが「赤」なら、難しくはありません。

ハッチから出る、「飛行機」には注意。

これで、「超大型艦」は終了。

次に、下の両サイドから大型艦が来るので、下向きにショットを撃って対応。

2面ボス。左下から出てくるので、下向きにショット撃っていると破壊できます。楽勝!

ちなみに、2面ボスの全体像。

2面クリア。

3面スタート。狭いので「2速」がベスト。

中央付近にいるとレーザーに当たるので、左右どちらかに移動しておく。

右上のアイテムキャリアに、「サーチレーザー」が! あれば後半がすごく楽になります。

右下から敵がくるので、あらかじめ下向けにポッドを用意しておき、破壊する。

ここを超えるとボス戦ですが、その前に・・・。

隕石が上から降ってきますが、ショットで壊せます。

ボスが下りてきたら、速攻前へ!

このボスは、正面からまともに戦うと「瞬殺」されます。
なので、ボスが下りてきたら後ろに回り込みましょう(ボスの後ろ付近は、当たり判定がありません)
あとはポッドが当たっているので、それで勝手にやられてくれます。
そうそう、ポッド自体にも攻撃力があるので、ポッドをぶつけて攻撃することも可能です。

3面クリア!
今のところ、パーフェクト!

4面も狭いので、2速がベスト。
左下の白いΩみたいなのは、ショットで壊せる壁です。

4面の山場。
右上の壊せる壁から入って、左上(ちょうど対角線)に抜けるポイントです。
ポッドが赤だとそんなに大変ではありませんが、水色ポッドだと非常に大変です(ここまでにポッドは赤色にしておいて下さいね)

ここさえ抜ければ、特に難しいポイントはありませんので、ボス戦です。

4面ボス。
上から下りてくるので、前の方でショット連射しながらボスと一緒に自機も下がれば、あっというまに倒せるボスです。
ボスのミサイルは、壊せませんので避けて下さい。
いよいよ次は、プラクティス最終の5面。
途中でやられると、「復活」が厳しい面です。

4面クリア! 残念パーフェクトならず・・・

5面スタート。なんだかおぞましい雰囲気。

しばらくするとこんな敵がきますが、見てわかるように「正面」からのショットが当たりません。
横からか、後ろから攻撃しましょう。
テクニックとして、下から上がってくるコイツには、スピードチェンジの時の「バックファイヤ」だと、表皮を貫通して倒すことができます。
この面の「復活」の際の重要テクニックです。

この次が、5面の山場です。
これ以降でやられたら、ここからの復活になるのでパターンを覚えましょう!

前から。

後ろから。

前から2体(アイテムはポッド)

後ろから(こいつを倒したら、画面の下へ)

そうしたら突然、細胞みたいなのが中央付近に現れます(知らないと理不尽なやられ方します)

ムカデ(ヘビ?)みたいなのが2体でますが、倒してボス戦へ!

5面ボスです。
上から下りてきますが、弱点は中央水色部分の「目」です。
という事は、あの中に入らないとダメなんですが、このボスは画面全体をゆっくり動いており、時々上の部分が開くので、その隙に中に入るしかありません。
この球体は自機の動きに反応して動くので、うまく誘導して上部が開いているうちに球体を外に出すようにしましょう。(この球体にショットを当てると、球体の動きは止まります)
画像は運よく2つとも外に出てくれましたが、1個だけでも十分中に入ってボスを倒すことは出来るので、何度もコンティニューして覚えましょう!(初見で倒せたらそれはスゴイ!)

5面クリア!

プラクティスも、余裕で通過!

さぁ、「実戦」です! 難易度上がります!

いきなり右下から、大型艦が!
この先にポッドが出るので、「赤」ポッド取りましょう。

この大型艦の真下は、弾が飛んできません。
この先の「サーチミサイル」パーツを取ったら、なるべく壊さないようにしましょう。

何やら、また狭そうな空間が。
この先、二者択一を迫られます。

ここの分岐は、「必ず右」で!

もし復活等でポッドが不足していたら、さっと取ってさっと戻れば大丈夫です。

AREA1のボスです。
弱点は、右側の本体の青い部分。
反時計回りに回って、レーザーを避けながらショットを撃ちこめば倒せます。
もしポッドが水色なら、青い部分にポッドをめり込ませて倒すようにしましょう。

AREA1クリアです!

AREA2のスタート、上から隕石が降ってきます。

とくに難しいところはありません。

終盤、後ろから大型艦が「5隻」くるので注意!

この敵の「青色の輪」に当たると、やられませんが「自機のスピード」が落ちるので注意!

5面ボス。 まずは水色の部分をショットで破壊しましょう(ボスは画面下中央から来ます)

そうすると、上下に分かれます。
弱点は、下の部分の「目玉」っぽい所。
横からショットで撃ちこみましょう。
下の部分を横切る時に、下から「レーザー」を撃ってくるので、横切る時は「3速」以上で横切って下さい。
1~2回横切るくらいで、しっかり撃ちこんでいれば倒せます。

AREA2クリア! 残すはFINAL AREAのみ!

最終エリアも狭いので、要注意!

ファイナルエリアは、AREA1で取った「サーチミサイル」パーツがあれば、余裕でクリアできます。
なくても「赤ポッド」があれば、十分クリアできます。
途中でやられると、「地獄の復活」が待っています。
(少なくともボクは、ここで20回以上コンティニューして、ようやくパターン作りました)

出てくる敵を倒していく。
速いスピードで、壁にぶつからないように!

ここは「ド真ん中」か両サイドにいないと、レーザーに当たります。

これ以降でやられると、スタートはここから。

リスタート時は、ここから大変。

ここも右側で(レーザーに当たる)

ここに「サーチレーザー」が!

ここを抜ければ、最終ボスです。

最終ボスです。
ボス自体の攻撃は、赤い弾をバラまいてきます。
両サイドの物体は、「吸引ビーム」を出してきて自機の動きを止めようとしてきます。
ですが、この「吸引野郎」は破壊できるので、先にこいつらを破壊しましょう。
そうすれば、適当にボスの攻撃をかわしながらボスにショットを当てるだけで、ボスは倒すことができます。

最終エリアもクリア!

エピローグです。

ボロボロの状態で漂っていると、味方が救出に来てくれました!
無事回収され、本部に帰っていきます。

これで、「1周目」クリアです!

そして・・・

「悪夢」の2周目、スタートです!(難易度が上がります)

当時、アーケードは「実戦」の1面途中までしか行けませんでしたが、ファミコンだと1周クリアできました。

まさに、「やられて体で覚えるゲー」を体感できたゲームでしたね。

2周目クリア

2周目クリアを目指してみました。

「ノーミス」目指して、慎重にプレイをした結果・・・

「2周目クリア」出来ました!(ノーミスなら意外と簡単、ミスると途端に難しいです)

以下、エンディングの違いを。

1周目クリア時

2周目クリア時(全く同じ内容)

1周目、無事救出。

2周目も、無事救出(あれっ)

1周目クリア時(2周目の誘い)

2周目クリア時(終わり)

アーケード版の2周目クリアした時は、救出の一歩手前で自機が「爆発」して救出されないのですが、ファミコン版だと「1周目と全く同じ」でした。

ハッピーエンドにしたかったか、容量の都合で「爆発エンド」が入れられなかったかは分かりませんが、一応、「ファミコン版オリジナルエンド」という結末で終わりました。

アーケード版の2周目エンドを知っていただけに、個人的には「救出エンド」で良かったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました