ca-pub-1534717760030913 ARPG(アクションロールプレイングゲーム)のパイオニア的存在のこのゲーム!シリーズはここから始まった!HYDLIDE(T&Eソフト) | 四季の私記
ロールプレイングゲーム

ARPG(アクションロールプレイングゲーム)のパイオニア的存在のこのゲーム!シリーズはここから始まった!HYDLIDE(T&Eソフト)

ロールプレイングゲーム

(注)このブログは、ネタバレ全開でレトロゲームを紹介しています。
「それでもいい!!」という方のみ、先へと進んで下さい。

レトロゲーム全般に言えることですが、このゲームも「理不尽」な展開が、数多く待ち受けています。
開始早々、適当にウロウロしているだけでも「スライム」にボコボコにされて、ゲームオーバーになったりします。

レベルアップして、ある程度強くなっても気を抜くと「秒」でゲームオーバーになります。
ただ、やりこんでいく内に、立ち回り方がわかってくると、やられる回数が極端に減ってきて楽しくなってくるので、そこまであきらめないで下さい(笑)。
レトロゲーは、「やられて体で覚える」事で、先に進めるのです!

レベルをあげるにはある程度の作業(ひたすら敵を倒し続ける)が必要ですが、そこまで時間はかかりませんので苦行とまではいかないですが、先にも述べたとおり「理不尽」がつきまとうゲームなので、突然モンスターに取り囲まれて速攻ゲームオーバーになったりしますので、モンスターを数匹倒したら「セーブ」をすることをおすすめします!

あと数匹でレベルアップ!という時にやられる事も、めずらしいことではありませんので(泣)。

「ハイドライド」のそれぞれ画面写真の著作権は、(株)T&E SOFTに不随するものです。

ゲーム紹介

発売日は1984年12月13日で、PC-8801シリーズ用が発売となり、多くのの機種に移植されることになりました(「ハイドライドスペシャル」という名前で、ファミコンにも移植されています)

ちなみに発売媒体は、「フロッピーディスク」と「カセットテープ」です。
え、見たことない?
ものすごいカルチャーギャップを感じますが、こんなのです。

カセットテープで、どうやってゲームするの?、という声が聞こえてきそうですが、セーブ・ロードするのは「データレコーダー」という、簡単に言うと「録音再生できるカセットデッキの小さいモノ」と思ってもらったらいいです。

フロッピーディスクは、ドライブにディスクを入れて、ロードしてすぐゲームスタートできますが、カセットテープだと恐怖の「ロード時間」が生じます。

全然難しくはないですよ、カセットをセットして、「再生」ボタンをポチっと押すだけ!

そうすると、「ピ~~~~~ガガガ~~~~~~ガ~~~~~~~」と、スピーカーから機械音が聞こえてきて、ロードが始まります。

ロード時間はゲームの容量によりますが、たったの「30分~1時間」くらいです。
昔の人は、気が長かったのです。
しかも、プレイ途中にもロードがあったりしますので、今では到底考えられませんね。

タイトル画面

タイトルで、しばらく画面をながめていると、ストーリーの紹介画面に切り替わります。
ストーリー画面の英文をがんばって読んでいると、主人公ジムの操作方法や、セーブ・ロードのコマンドなどが表示されます。

Let’s Play!!

さぁ、ゲームを始めましょう!!

「テ~レ~レ~、テレッテレッテレ~テレ~レ~レレレレ~レ~レ~レ~」

冒険の勇ましい始まりを告げるかのような音楽と共に、スライムがうろついている草原にたたずんでいるジム!

ゲームをクリアするおおまかな条件は3つ。

・フェアリー(妖精)を3人救い出す
・3つの宝石を探し出す
・バラリスをたおす

でも結局、すべてのアイテムを探してゲットしなければクリアできませんので、その辺は一般的なロールプレイングゲームと同じです。

まず、ロールプレイングゲーム(以下RPG)の基本中の基本、レベル上げです。
でなければ、フィールドを歩くだけでも非常に困難なほど、主人公(以下ジム)は貧弱です。

このゲームの特徴として、画面右下の方に「DEFEND」と表示されていますね。

防御モード 攻撃力は低いが防御力は高い

攻撃モード 攻撃力は高いが防御力は低い

ただ「DEFEND」モードも、全く攻撃ができないというわけではありません。
レベルが上がれば、「DEFEND」で突っ込んで行っても敵は倒せます。←これ大事!

これは「DEFEND」と「ATTACK」の2つのモードがあり、スペースキーで切り替えることが出来ます。

このゲーム、敵を倒す方法は敵への体当たりです。
そして画面はスクロール方式ではなく、画面切り替え方式です(←ここに理不尽さの片鱗が)
画面が切り替わった瞬間、敵がいて攻撃をくらってゲームオーバーみたいな事が多々あります。
ではスライムを倒すため、つっこんで行ってみましょう。

ためしに「DEFEND」でスライムに突っ込んでいっても、ダメージを与えることはできません。
「ATTACK」で突っ込んでいくと、スライムは倒せました。

ここで画面右端に表示されているステータス関連に関しての説明。

LIFE 体力ゲージで攻撃を受けると赤く表示され、全て赤くなったらゲームオーバー。

STR 攻撃力で低いと敵にダメージを与えられない。

EXP 経験値 右端までゲージがたまるとレベルアップ!

MONSTER 敵に触ると敵の名前と体力が表示される。

下に並んでいるのは、助け出したフェアリーです。

とりあえず、EXPが一杯になるまでスライムを倒しまくりましょう。

LIFEが20になって、スライムを倒し続けていてもEXPが増えている様子はありません。

そうです、このゲームは自分よりレベルの低い敵を倒しても、レベルアップしないのです。
(要は弱いモノ倒しても、レベルアップしないぞ!って事みたいです)

あ、言い忘れていましたがこのゲームは、草原にいると体力が自動で回復します。
森や地下迷路だと、回復スピードが遅くなります。
砂漠や墓地、水の中だと逆に体力が減っていきますので、ご注意を。

スライムではレベルアップしなくなったので、次は森の中をうろついている「コボルト」(左の画像の赤〇でかこんだ敵)をたおして、LIFEを30まで増やしましょう。
途中セーブもこまめにするのを忘れずに!

さて、LIFEが30まで上がったら今度は、迷宮の入り口まで向かいます。

この画面中央付近に見えている、緑色のタコみたいな敵は「ローパー」。
今度はこいつを倒して、LIFEを50まで上げます。

簡単な倒し方は、左図のようにローパーが迷宮の入り口を通過する時に、入り口からローパーに体当たりするだけ!(縦の矢印ライン)
慣れてきたら、左右の矢印ラインを往復するときに下から体当たりすれば、ノーダメージで倒せます。
数匹倒したら、必ずセーブ!
やられる時は、1秒でゲームオーバーです!

LIFEが50になったら、迷宮の奥に入り「ツボ」を手に入れましょう。
見えないものが見えるようになる、不思議なツボです。
順番が逆になってますが、川のほとりに「十字架」落ちてますので、拾っておきましょう。
もちろん、「ヴァンパイア」を倒すのに必要なアイテムです。

ツボ、ゲット!

十字架、ゲット!

十字架をゲットしたら、次は「ヴァンパイア」を倒しに行きます。

ヴァンパイアは、決して正面から攻撃しないこと!(ヴァンパイアに限ったことではありませんが)
きほん、正面以外(横、後ろ、上)から攻撃するようにして下さい!(卑怯?それが何か?)

ヴァンパイアを倒すと、「ランプ」が手に入ります。
これは、真っ暗な他の迷宮を見えるようにするアイテムです。

ドラキュラ城

ランプ、ゲット!

次は、攻撃力を上げるアイテム、「剣」を取りにいきましょう。

場所は、ドラキュラ城の上の画面の迷宮の入り口。

「WISP」という、ヒトダマみたいなモンスターを避けながら進んで、剣を入手しましょう。
取れば、「STR」が10上がります。

「剣」がある迷宮の入り口

剣、ゲット!

さて、先に進むためにはまたレベルアップが必要です。

お次の「狩り」の場所は「墓場」。

ここに見えている「宝箱」はまだ取れません。
開けるための「鍵」が必要ですが、鍵を取るにはレベルアップが必要なので、ここでLIFEを70まで上げるために、ゾンビを倒しまくりましょう。
LIFEが50になった時点で、フィールドにローパーとゴブリンがウロウロしていますので、今まで以上に経験値稼ぎには注意して下さい!

この「ローパーの迷宮」の奥に、「鍵」が眠る迷宮があります。

画面には映っていませんが、宝箱がたくさん設置されていて、鍵の入った本物はの宝箱は「1つ」だけです。
一番奥の、遠い場所の宝箱目指して行って下さい。
ゴールドアーマーがうようよしていますので、倒すなら正面以外で!
ちなみに倒しても、経験値は入りません。

「鍵」をゲットしたら、墓場に戻って宝箱をあけましょう。
ひとつめの「黄色の宝石」をゲットです。

さて、お次はまだ救い出せていない、「フェアリー」の救出です。

この画面の違いに気付いたでしょうか?(場所が違う!というのはナシにして)
実際に動いている画面だとわかりやすいのですが、左の場所はモンスターがうようよ湧いてくるのに、右の場所は、「1匹」しかモンスターは出てきません(機種によっては出てこない)

右の場所は、スタート地点の下の画面ですが、「1人目のフェアリー」はここにいます。
生えている木の下から、突っ込んでみて下さい。

残念、ハズレ!

救出成功

フェアリーがいる木はランダムみたいなので、セーブしてから突っ込んで下さい。
失敗したら、「WASP」というハチが出てきて追いかけ回されます。

次は、「盾」と「青い宝石」を取りに行きましょう。

入り口はココ

中には「レディ」&「ゴールド」アーマーが!

迷宮の中は、赤色の「レディアーマー」と黄色の「ゴールドアーマー」がウロウロしています。
倒し続ければ、「盾」と「青い宝石」は手に入りますが、手当たり次第に倒しても手に入りません。

「レディアーマー」だけを続けて5体(盾が手に入ります)、「ゴールドアーマー」だけを続けて5体倒すようにして下さい。

「ゴールドアーマー」を5体倒しても、「青い宝石」は下のアイテム欄に表示されません。
これは画面を切り替えると、宝箱が表示されるようになっていますので、画面を切り替えて宝箱を取るようにして下さい。

さあ、次は「2人目のフェアリー」救出に行きましょう!

盾と青い宝石の迷宮を進むと、砂漠に出ます。
(注)砂漠を歩くと、LIFEが減り続けてくるので、移動の際は気を付けて!

砂漠を右のほうに進むと、木が動いている草原があります。
よ~く観察すると、この画面に「モンスター」は出てきません!
という事は・・・

そう!
この木のどれかに、「2人目のフェアリー」がいます。
ただし、この木に突っ込むと「ダメージ」を受けますので、セーブしてからにして下さいね。
機種による違いかもしれませんが、PC-8801版だと「ATTACK」モードで突っ込まないと救出できませんでしたので、参考までに。

続いて、「3人目のフェアリー」を救出に行きましょう!

砂漠の迷宮の出口から下に行ったところに、水路への通路があります。(水が抜けていますが、本当は水があります)

そうするとすぐ左の水路の中に出てきますので、「ウィザード」がいるところへいきましょう。
最短ルートは下の画像で!(水中はLIFEが減り続けるので注意!)

①まず左に行く

②そのまま左へ

③下へ

④左へ

⑤上へ

⑥赤く空いたところから下へ

赤〇で囲んだモンスターが「ウィザード」です。
こいつを倒せば、「3人目のフェアリー」を救出することができます。

が、ここにもノーヒントではわからないような謎解きが!

青〇で囲んだのは、ウィザードが放った魔法ですが、これを「5回」くらって下さい。
そのあとウィザードを倒せば、「3人目のフェアリー」を救出できます。

その瞬間、強制的に「ドラゴン」が守っている城の前に飛ばされます!

こいつにこのまま「ATTACK」で突っ込んでいくと、「瞬殺」されます。
ここは、「DEFEND」でドラゴンに突っ込みましょう!
一気には倒せないので、ヤバくなったらLIFEを回復させながらの、HIT&AWAY方式で!
ドラゴンを倒すと、水路の水が引きます。

そうすると宝箱が見えているので、水路に戻って取りに行きましょう。
水路では、2つのアイテムが手に入ります。

赤い宝石、ゲット!

復活の薬、ゲット!

城への入り口はなさそうですが、この場所でEnterキーを押すと、ちゃんと入れます。
ちなみに宝石がそろってないと、中へは入れないです(その辺は親切)
その理由は、あとで。

中へ入ると、「ブラックアーマー」と「スケルトン」がウヨウヨいます。

さぁ、最後の経験値稼ぎのお時間です。
ここで、LIFE90まで上げて下さい(おそらくそこまでしか上がりません)

LIFEは90ですが、「剣」を取っているとSTRは100まで上がっているので、バラリスは倒せます。
くどいほど言いますが、セーブはこまめにするようにしましょう!
でないと、あっという間に囲まれて「瞬殺」されて、「復活の薬」を使うハメになります。

画面右の、スケルトンのいる部屋の下にはレベルアップ&セーブが終わるまで行かないように!
下の部屋には、ラスボス「バラリス」がいますが入った瞬間、上の部屋への入り口がロックされて、もう戻れなくなってしまいます。

なので宝石がそろってないと、バラリス城へ入れなくしているのですね。

すべての準備(レベルアップといつでも戻れるセーブポイントの作成)が終わったら、スケルトンの部屋からバラリスのいる部屋へ行きましょう。

こいつが悪の元凶、バラリス!

モンスターに守られた、あやしい墓石が!

さあ、もう後戻りはできません!
バラリスを倒すぞ!
と、突っ込んで行っても倒せません。

下にもう一部屋あるので、まずは行ってみましょう。

3つの墓石の内、真ん中の墓石がスケルトンとブラックアーマーに守られていて、あやしいですよね!

ここはスケルトンとブラックアーマーを倒して、墓石を下からつついてみましょう。

なんと、墓石は壊れました。
そう、これがバラリスを倒す最後の鍵でした。
バラリスも、「DEFEND」で突っ込んでいって、少しづつバラリスの体力を削っていって下さい。
自分の体力がピンチなら、逃げ回って自動回復するのも手です。
薬があれば、やられても一度だけ復活できるので、あきらめずにチャレンジあるのみ!

バラリスを倒すと、モンスターが消えてフェアリーが集まってきます。

そして、フェアリーが「王女アン」の姿に戻りました!
こうして、フェアリーランドに平和が戻ったのです・・・

スタッフロールもなく、そのまま終わり!
余韻に浸る暇もナシ!
あっさりしてて、これぞレトロゲー(笑)

続編について

このゲームには、続編があります。

「HIDLIDEⅡ」と「HIDLIDE3」です(HIDLIDEⅢではなくHIDLIDE3)

さわりだけ紹介すると、まずはHIDLIDEⅡ。

今回から攻撃の手段が剣だけではなく、「魔法」という概念が追加されました。
画面の構成も、若干変わっています。

タイトル画面

キャラクターメイキング画面

初めてゲームをプレイする時は、まずは「名前」の入力から始まって、次に「能力の振り分け」が出来るようになりましたので、バランス型・筋力増強型・魔法重視型みたいに、自分の好きな方向で進めるようになり、より一層、自分のキャラクターに没頭出来るようになりました。

最初の街、丸腰状態ですが・・・

お店で装備を購入すると・・・

このようにちゃんと装備します。

外にいるのは、モンスターだけではありません。

善良な人間だって、歩いています。
今回新しく、「FORTH」というパラメーターが増えました。
良いことをすれば「増加」し、悪いことをすれば「減少」します。
謎もMAPもより一層パワーアップし、やりごたえ十分な続編となっています。

続いて、HIDLIDE3。

こちらのゲームでの大きな追加は、「時間」と「重さ」の概念が加わったことです。

タイトル画面。

今回は、名前以外に「職業」が選べます。

職業を選ぶと、自動でパラメーターが割り振られますが、これはランダムですので、高い数値がでるまでやり直しましょう。
なお、隠し職業として「怪物」なる職業がありますが、最後の最後で非常に苦労するというオチがありますので、選択しない方がいいでしょう。
(そもそも、完全ランダムなので確率的に非常に低い出現率です)

スタート地点。

最初の街。

重さの概念ですが、パラメータの下に「持てる重量」というのがありますが、文字通り自分の持てる重量が、決まっています。
これを超えてしまうと、自分の歩くスピードが極端に遅くなったり、歩けなくなったりします。
(この辺は、現実世界と同じですね)

レベルアップにより、持てる重量は増加します。

ハーベルの塔(197階あります)

塔の内部。

あと時間の概念ですが、主人公は昼と夜には「食事」をします(食事を持ってないと、飢えます)

夕方になれば、夕焼け色に画面は染まり、夜になれば暗くなります。

しかも、夜は「モンスターが強くなる」ので、その辺がきっちり戦略を立てないと攻略が難しくなったりしますので、面白い所ですね。

宇宙に行ったり、海の底(機種による)にも行ったり、壮大なスケールで楽しませてくれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました